じいちゃんとワンコと…日々の生活

子供達が独立して、ワンコとの気楽な生活になるはずだった。母が亡くなって、末っ子なのにじいちゃんをひきとることになり、まだまだ忙しい日々が続きます。

施設探し3⃣

2⃣で書いた「設備は超一流でも信頼度ゼロの施設」とは正反対の施設。


ここは自転車で行こうと思えば行けないこともないけど、ちょっと遠め。

同じ敷地内に病院があるというので、安心かなぁと思った。

病院の分もあるから駐車スペースも多い。

姉家族が来るときはクルマだから、駐車場が広いのはいいね。

日光街道から入ってすぐなので、ファミレスなんかも近くにあるし、お見舞いの帰りに食事に行くにも便利。

立地はいいね、なんて姉とウキウキ。


一歩入って、びっくり。。。


「あ、マスク忘れちゃった。すみません、マスクありますか?」

「ここにありますよ、どうぞ。」

施設側でマスクを置いてるのはいいんだけど、あんなマスク見たの初めてですゎ。

なんと紙製、しかも昔のチリ紙みたいな紙。

「ねぇ、お姉ちゃん、これ見て。」

姉もびっくりしていた。

「けっこうケチってるね。」


建物が古いだけならまだいいが、雑然としすぎ。

ホールの傍に洗い場があるのだが、横っちょの水切りカゴにプラスチックのコップが山盛りに積み重ねられてる。

ちゃんと洗ってるのかなぁ…


「今入浴中なので中はお見せできませんが、ここがお風呂です。」

まだ2月だというのに、脱衣場のドアは開けられたまんま。

のれんの陰におじいさんのむき出しのお尻が見えた。

中は暖かいのかもしれないけど、寒々しい。

お風呂こそ倒れる人が多いというのに、開けたまんま…いいの?


廊下は薄暗く、そこここにおいてあるソファやらイスはぜーんぶ型も色も違う。

揃えたのではなく、どこかから拾ってきたんじゃないかと思うほどのチグハグ感。


さて、面談。

担当者の話によると、ここは6階建ての建物だが、1階はデイサービスとリハビリの施設。

2階はリハビリのみの入居者、3階は認知。

じいちゃんはまだ軽度なので、2階になるそうだ。

「上の階は?」

「上はアルコールです。」

……

「常駐医師は隣りの院長先生になります。健康診断ですとか、風邪などの軽い症状の時はお薬くらいは出せますが、院長の判断でよその病院にお願いすることもあります。」

「どういうことですか?お隣りでは診てもらえないんですか?」

「精神科なんです。」

だからアルコール病棟か、納得。


帰りの車中では意気消沈。


「ダメだね、あそこは。」

姉がそう言ってくれてホッとした。

だって、姉夫婦との約束で、動くのは私でお金を出すのは姉夫婦と決めてあったので、姉がここでいいなんて言ったらここにしなけりゃならなくなる。

私だってここじゃ嫌だ。


いくら暗証番号を打ち込まなければエレベーターに乗れないと言っても、何かあったらコワイ。


それに、「医師常駐」って書いてあったら、大抵の人は内科医がいるんだと思うでしょ?

風邪くらいならなんとかなりますが…ってさぁ。。。


年寄りはちょっとの事で体調を崩すのに、うがいするコップを水切りカゴに山盛りにしてほっぽっておくなんて、衛生的にどうなの?


この施設からは翌週すぐにOKの返事が来た。

「すぐにでも入居できますので、今週中にお返事をください。」

逆に困った😞

週末また電話が来た。

「もう1人入居希望の方がいらっしゃいますので、早急にお返事を…」

姉と相談…他の施設全滅したら困るし、断るにしてもどう言ったものかと。

「すみません、返事待ちのところがあるので、今回はもう1人の方を優先してください。またおたくにお願いすることになるかもしれませんが、今回は見送ります。」

ふーっ。


多分、もう1人の方なんて人はいなかったんじゃないかと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。