じいちゃんとワンコと…日々の生活

子供達が独立して、ワンコとの気楽な生活になるはずだった。母が亡くなって、末っ子なのにじいちゃんをひきとることになり、まだまだ忙しい日々が続きます。

残念なオンナたち3⃣

他にもいっぱいあるが、今回は第3話まで。


第3話の主人公は40代初め、結婚願望がないわけでもないのにずっとシングルのめっちゃ面倒見がいいE子さん。

E子さんはOLではない。

したこともない。

付き合ってきた男の人の経済事情に合わせて、販売系の仕事からニッカポッカを履く男の人みたいな仕事までいろいろ経験してきた。

今は早朝のファミレスの掃除に始まりパチンコ屋さんの掃除、昼間は休憩して、夜は居酒屋さんでバイトをしている。

働き者だ。

働き者ゆえ、男の人にいいように使われてきたとも言える…傍目から見たら。。。

居酒屋さんのバイトのない日、そして翌朝のバイトもない日に、たまぁにご来店。


「都合のいいオンナっているでしょ?自分が都合よく使われてるとアタマくるよね。」

「都合よく使われた?」

「どうやら😠」


まだそこそこ若いうちは都合よく使われたなんて思わなかったE子さんも、40を過ぎた頃から都合よく使われているのではないかと思い始めたようだ。

面倒見が良すぎるのも仇となる。


E子さんは半年ほど前まで、自営業の彼氏と同棲していた。

ある日些細なことから彼氏が暴れだし、E子さんをボコボコにして、E子さんの荷物をベランダから路上に投げ捨てた。

その時の写真を見せてもらったが、目は潰れるほど腫れ上がり、顔はどす黒く変色してまるで別人。

ドラマの中だけじゃないんだな。。。

その時も診断書をもらうようにアドバイスしたのだが…

その一件以来、一応、別れたことになっている。

一応…というのは、結局彼氏の都合のいいように、別れてからも使われていたからだ。


数日前に彼氏から電話があり、孫ができたので顔を見に行きたい、ついてはワンコの世話を頼む、と言われた。

たまに仕事で遠くに行く時のワンコの世話や、職人が来た時などは炊事洗濯も頼まれる。

タダで。

その度にE子さんは仕事の合間に彼氏の部屋に行って用を済ます。


何度かカギを返すと言ったそうだが、彼氏にしてみれば無料で家事を賄えるので、押し付けられていたようだ。


「部屋、きったねぇのよ。で、まず洗濯機回して掃除機かけたわけ。洗濯終わって干してたら、姐さん、こんなものもありやした。」と携帯を見せてくれた。



「ひ孫の顔を見に、田舎のお母さんでも来た?」

「だよね?私でさえ着ないよ、こんな下着。たとえ彼氏がいなくてもさ。」

「ちょい待ち、50代の私でさえ着ないぞ。たとえご無沙汰だとしても。」

「ヤツの婆ちゃんじゃないんだよ。」


洗濯機の中の下着に不審を抱き、掃除中に気になったものを改めて見て回った。

洗面所にあった歯ブラシ…彼氏の物と色違い、ピンクとブルー。。。

キッチンの水切りカゴに並んで置いてあったペアグラス…以前E子さんがそのグラスを使おうとしたら「それ、使うな!」と言われた。。。

そしてゴミ箱にあった宅急便の送り状と、彼氏の故郷から羽田までの半券。


「まだ一緒にいた頃から、よく故郷に帰るようになったんだよ。最初は同窓会に帰って、それからちょくちょく帰るようになったの。たぶん同級生じゃないかなぁ。」

「相手はダンナ持ちかしら?」

「それはないと思う。ヤツは不倫する奴は最低だった言ってたから。」


交際中の浮気と婚姻中の浮気は違うのね。。。


普通なら、彼氏がE子さんに他の女性の存在を知らしめるための工作。

ところが、E子さんは前々から「誰かいい人ができたなら、私はお役ご免して」と言っていたそうだ。

それに彼氏の性格的にもそういった工作は考えられない。

考えられることといえば、相手の女性の方が他の女性(E子さん)の存在を感知して置き土産を置いて行った…。

2人で一度部屋を出た後に、忘れ物をしたと言って部屋に戻り、小細工した…。


E子さんはもうとっくに彼氏には未練はない。

当然のことだが、要はもう彼氏にあてにされるのはゴメンだというだけ。


「アイツさあ、カードを持てないのよ。請負先から入金するのって仕事終わってからでしょ?資材を買う金がないわけよ。それにガソリン代。私のカード使ってんの。あと、競馬ね。競馬は私の口座でやってる。」


都合のいいオンナってモノは自分が都合のいいオンナだってことに、なかなか気づかないものなのです。

重宝がられてると思ってる。

それで大切にされるならまだしも、ボコボコにされたらたまらない。

一緒にいる頃はおサイフは一緒でも、別れたならおサイフはきちんと分けなきゃ。

っていうか、オトコならオンナのサイフで遊ぶなよ‼️


「まずはカードを返してもらいたい。カード会社に電話して聞いたの、今月分の明細。やっぱり地元から羽田の航空券、ヤツの息子んとこまでの航空券2人分、ホテル代、カード決済。もっと遡れば、まだ一緒に暮らしてた頃に浅草のホテルにツインってのもあった。あれもこのオンナかもね。だいたい足立区に住んでてわざわざ浅草に泊まる?」


どうやら今回の旅行代だけではなく、前からデート代もカードを使われていたようだ。

こうなってくると、返してもらえればそれでいいというだけでは腹の虫がおさまらなくなる。


「E子さん、FACEBOOKやってる?名前と出身地わかってるんだから、FACEBOOKで検索してみたら?」


スマホを出し、サッサッサーと検索。


彼氏の方は友達を公開してないので、女性の方の名前で検索してみた。

同姓同名がやたらめったらいる。

かたっぱしからプロフィールを見ていくと…


「いたいた、これだっ。」

たくさんいる友達の欄に彼氏の名前があった。

友達の欄にはE子さんもよく知る彼氏の同級生の名前も何人か。

それだけではなかった。

「◯◯一族にやられた…」

E子さんが面倒をみてあげた彼氏の娘や今回子供が生まれた息子まで、この女性と友達登録していた。


「私だけ蚊帳の外か…」


E子さんは彼氏になんの未練もない。

もうあてにされるのはまっぴらゴメン。

まずは彼氏にカードを返してくれるように、人を介して告げることにした。

直接E子さんが言ったのではまたボコボコにされるだけだから、人を介すようにと説得した。


翌朝もワンコの世話に彼氏の部屋に行ったE子さん、前日の洗濯物をたたむついでに彼女の下着に小細工。

ブラのホックを全て取り、細〜いしつけ糸で弱く仮止め…身につけてすぐにブラは崩壊することでしょう。

ピンクの歯ブラシはトイレ掃除に使い、また洗面所に戻した。

そしてワンコのウンチをたたんだ洗濯物の周りに2〜3粒転がしてきたそうだ。


E子さんは相手の女性にメッセージを送るつもりだという。

「今回の旅費には私のカードが使われています。◯◯さんにはカードの返却及び使った金額の支払いをお願いしていますがまだ返してもらっていません。つきましては、あなたの分の旅費だけでも返済していただけませんか。そして、◯◯さんに1日も早くカードを返却してくれるよう口添えしていただけませんか。」

それでもダメなら、FACEBOOKで友達登録している人達にかたっぱしから「口添えして」とメッセージを送るつもりだそうだ。


「姐さんは、どこまで言ったら法律に引っかかるかとか、詳しいからサ😄」とE子さんは言う。

男の人に振り回されてばかりのE子さんも残念だけど、ダメ男に引っかかった同級生のオバサンも残念😩

あ、でも彼氏の部屋にお泊まりするのにあんな婆さん下着つけてくるようなオンナだから、ダメ男といい勝負かな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。