じいちゃんとワンコと…日々の生活

子供達が独立して、ワンコとの気楽な生活になるはずだった。母が亡くなって、末っ子なのにじいちゃんをひきとることになり、まだまだ忙しい日々が続きます。

4月の出張…鳥取砂丘

おかしなもので、旅に出るととても早起きになる。

いつもは陽が高く昇るまでベッドの中なのに、日の出とともに起きたりとか。。



緩やかなハワイアンの流れる中、朝食。

さっさと荷物をまとめ、帰りは旅館の送迎バスで送ってもらった。

倉吉から鳥取までは特急で30分。

鳥取駅からはループバスを使う。


このループバスで頭痛がするようなことがあった。

イギリス人の観光客が同じバスに乗っていたのだが、その人にずーっと話しかけるおっさんがいた。

いるでしょ、外国人に話しかけたがる輩。

発音は全くの日本語、しかも大声。

話しかけるといっても、「ワッチャネーム?」から始まって知ってる単語を並べ立てるだけ。

なんで初対面のおっさんに名を明かせねばならんのだ‼️

乗ってる観光客はみんな砂丘に行くに決まってるのに、わざわざ「ホェアユーゴーイン?」なんて無駄なことを聞いてる😓

そのイギリス人、実は留学生で日本語ペラペラ。

おっさんのカタコトに堪え兼ね日本語で話し始めた。

おっさんの大声カタコトは砂丘に着くまで続いた💢

私達の席のすぐ後ろで😭

はぁ。。。。



おっさんの大声から解放されリフレッシュ。

鳥取砂丘です。



砂丘は私のイメージとはちょっと違った。

一面砂だらけではあるが、私が想像していたのは景色がユラユラするくらい熱気があってラクダがうようよいるところ。

それを相方に言ったら…

「それは砂丘ではありません。それは砂漠です。」

砂漠と砂丘って、同じではなかった。



砂丘を奥まで行くと海に出る。



ラクダはお散歩用の若いラクダ数頭と写真用の年寄りラクダが2〜3頭。

ブーブー吠えていた😖

ラクダに乗って写真を撮るのが500円と言われ、安いと思って撮ってもらった。

ちゃんとした写真にしてくれるし、自分のスマホでもバチバチ撮ってくれる。

安いでしょ?


ところが大違い。


出来上がった写真を受け取りにいったら、さらに1,500円取られた。

最初から2,000円と言えばいいのに😓

誰も文句言わないのは、写真を渡すおばちゃんが口が上手いから。

「キレイに撮れてますよ!奥さん、女優さんでしょ!絶対そうよ、女優さんよねぇ😃」だってさ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。