じいちゃんとワンコと…日々の生活

子供達が独立して、ワンコとの気楽な生活になるはずだった。母が亡くなって、末っ子なのにじいちゃんをひきとることになり、まだまだ忙しい日々が続きます。

沖縄へ…ちょっと違うんじゃない?ということばかり

6月の第3週目の週末、沖縄へ行ってきた。出発したのは金曜の夜、本来ならばかきいれどきの金曜夜。

当日は朝から大忙し。太郎を動物病院に預けに行ったり、洗濯掃除、さらに父のところに顔も出して…。

相方は午後から大学の授業があるので、荷物と搭乗券は私の担当。


今は便利になりましたね。ホテル発のリムジンバス以外にも、いろんな場所から羽田、成田直行のバスが出てる。


羽田には無事着いたけど、さて、チェックイン手続きをどうしたものか…

相方は「飛行機慣れてるでしょ」なんて気楽に言ってくれたけど、乗るのは慣れてても手続きなんてしたことない。いつも同行者に全てお任せで、私はのほほんとしていたから😅

こういう時はおのぼりさんになりきるに限る‼️グランド勤務のお姉さんはいつも笑顔でいなきゃならないから「面倒な客だな」と思えば、全てやってくれる😁


手続きを済ませ、荷物も預け、喫茶店で一服していると、ようやく相方到着。もちろん、手続きからなにから私が自分でちゃんとやったことにした😁


最近、アジア系の外国人のマナーの悪さが評判ですが、日本のビジネスマンもマナー悪いね。

機内持ち込みの荷物‼️

大きなスーツケースなんか預けりゃいいじゃん、っていうか預けるものでしょ?なんであんなでっかいものを座席上の棚に載せんのよ!ほとんどがビジネスマン。5分前に慌てて来たのならまだわかるけど、みんながみんなギリギリで来たとは思えない。預けちゃうと着いてから荷物が出てくるまで時間がかかるから預けないという理由だけだと思う。勝手だよね。

昔々まだ中学生くらいの頃、私の上の棚が一度ロックがかかったにもかかわらず、はずれて荷物が落ちかけたことがあった。CAが慌ててすっ飛んできた。当然、荷物の主は怒られたけど、すごーく怖かった。

今はその頃より強いものになっただろうけど、でも大きな荷物は預けるのがルール。しかもビジネスマンなら時間に余裕を持って行動するのは当たり前。

棚が落ちなきゃ注意しないってのも悪いね。

今回は手荷物(私のバッグと相方のリュック)を棚に載せようとしたら、どなたかのスーツケースで棚はいっぱい。おかしいよね、棚には私達の席番があるのに。ひとの棚にまで載せないでよ‼️こっちが「あれ?」って言ってるのに、当の主は目を合わせようとせず知らんぷり。ビジネスマンの2人連れ。自分達の棚は片方のスーツケースでいっぱいいっぱい。もう片方の人のスーツケースが私達の棚を占領。

飛行機慣れしてるはずのビジネスマンが平気な顔してこういうことするから、慣れてない人も「いいんだな」と思ってでっかいスーツケースを機内持ち込みにしちゃうんだね。

昔、国際線で誰かのお土産のお酒がエアポケットで割れて、頭からお酒をかぶっちゃったこともある。棚に載せるものは考えてほしいな。


那覇空港に着くと、そこはやはり南国。むわぁ〜っときました。



空港には夕方着いていた末娘カップルが迎えに来てくれていた。もう11時近い時間だったので、食事より先にホテルにチェックイン。

実は、国内線では食事が出ないことを失念しておりました😥食事なら水平飛行になってすぐ出るはず、なんて😥

国際通りの近くなら深夜まで営業してる飲食店があるのだろうが、ホテルの場所が外れたところなので、なかなか営業中の店がない😓ようやく見つけたのが、どこにでもあるチェーン店のラーメン屋さん。タコライスを期待していたのにガッカリ↘️↘️


それだけではない😓

ホテルの部屋もネットの画像で見たより狭い。これには部屋まで付いてきた娘もビックリしていた。

娘達はカレシ君の仕事の兼ね合いもあって、ちゃんとしたホテルを予約していた。同じホテルでは悪いかなと思ってわざわざ別のホテルにしたのだが、娘が気まずさを感じたほど、雲泥の差すぎる。

名前は超デラックスな、どビジネスなホテルだった😭😭😭

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。