じいちゃんとワンコと…日々の生活

子供達が独立して、ワンコとの気楽な生活になるはずだった。母が亡くなって、末っ子なのにじいちゃんをひきとることになり、まだまだ忙しい日々が続きます。

出張旅行

相方は1月から5月にかけて、年に2〜3回出張が入る。

年に数度のことだし、それを逃したらいくつも仕事を請け負っている都合上、旅行なんてできない。

週に3日、大学で講義…関東の大学ではあるけど、千葉とか神奈川の方とかあちこち。

その合間合間に塾での講習もある。

塾もあちこちだから移動も大変。


出張の機会を逃すと私もどこへも行けない。

そんなわけで、出張の際はいつも同伴😄😄😄


今年1月にも出張があった。

暮れから予約だけはしてあったけど、じいちゃんのこともあるし今回は留守番も仕方ないと半分諦めていた。

そこへ、父の見舞いに来た姉の一言。


「Nさん、Rを連れてってくださいな。」


姉曰く…

自分も母がなくなるまでは母と父をみていた。ヒジョーに疲れた。介護は周りの協力も必要だけど、息抜きはもっと必要だ。

…と。


まぁ、その時点では、こんなに何ヶ月も入院することになるなんて思ってもいなかったし、2週間の点滴治療をすればもっと回復するなんてあてにもならない期待もあったし。


🚄🚄🚄🚄


1月の旅行、テーマは

1⃣白くなった姫路城を見る

2⃣マッサージ三昧

3⃣温泉でのんびり


1⃣は相方の希望。

天守閣は無理でも外見だけでも観たいそうだ。

2⃣は姉から私へのリクエスト。

顔を見ればどんなに疲れがたまっているか分かる、普段家にいたらなかなか行かないんだから全身揉みほぐしてもらいなさい、と。

言うだけ言って、マッサージ代はくれなかったけど…😅

3⃣は相方から私へのプレゼントでもあり、相方の好みでもある。

相方は去年の旅行から「露天風呂付き客室」に凝りまくっている。

当然日本旅館で、できれば部屋食。

大広間での食事はNG。


まず初日に姫路まで。



とても美しいお城で感激した。

美しいだけではなく、すごく機能的なんだってね。

相方と付き合うようになってからいろんなところに連れて行ってもらってるけど、いつも勉強になる。

以前は海外にばかり足が向いた私だが、もっと日本のことを勉強しなきゃ。



天守閣に行けないのは知ってたけど、外からなら見られるかなと思いきや、ちょうどこの日から天守閣近辺には立ち入り禁止。後ろに見えるでしょ、立ち入り禁止の立札。


他に見るところも浮かばず、姫路はお城だけで岡山へ。


岡山ではいつも、仕事先が用意してくれてる同じホテルに2人用の部屋を予約する。

だから職場が用意してくれた部屋は、いつも使わずじまい。


公私混同はダメダメ。


仕事は翌日なんだけど、仕事の前は落ち着かないらしく、いつも仕事前の観光は「はしょってはしょって」という感じ。

この日の観光は、姫路城の2時間だけでした。

仕方ないですね、彼の仕事にくっついて来ただけだから。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。