じいちゃんとワンコと…日々の生活

子供達が独立して、ワンコとの気楽な生活になるはずだった。母が亡くなって、末っ子なのにじいちゃんをひきとることになり、まだまだ忙しい日々が続きます。

下書きに残っていた「初詣Part2」

1月3日の日記から



3日、ようやく風も柔らかくなった。お日様も出ているし、今日はじいちゃんも体調良さげ。お散歩行けるかな?小さな神社だけど、近所の氷川神社へ行くことにした。


御賽銭用の5円玉はあるかな?とお財布チェック。ない、全然ない。お店から回収してきたブタさんの貯金箱も、中身は使えないお金ばかり。みんな、出張帰りに残ったジャリ銭を入れていくから外国のお金ばかりだ。



5円玉とか1円玉って、必要な時にないよね!それでお釣りをもらって、結局4円とか9円とかに増える。増えた時には必要がなくて必要な時には足りない、ね?5円玉欲しさにコンビニでお買い物。55円の最中を2回に分けて購入するハメに。。。


氷川神社



鳥居から先は自分で歩くとじいちゃんの主張。頑張って歩き、無事参拝を済ませた。じいちゃん、がんばったね。




ここの神社は石段が少ないけど、一段一段がやたら高い。見かねたおばさんが手伝いましょうかと声をかけてくださったが、これしきのこと1人でできんでどうする!と自分を叱咤し、私1人でじいちゃんをサポート。上る時より下る時の方が超怖かったよーっ。


私は困難に会った時いつも、海兵隊は重いバックパックを背負って50キロ走るとか、海兵隊は仲間がミンチになっても見捨てず連れ帰るとか、考えて踏ん張るんだけど……

でもなんでここで海兵隊を持ち出してくるのか、自分でも謎。私は海兵隊出身でもなければ海兵隊に友達もいないんだけど。。。


いつもより少し遠出(というほどでもないけど)のお散歩だったので、帰宅後はゆっくりお昼寝してもらった。また来年も神社の鈴を鳴らせますように!



元日から父は我が家に泊まっていたが、この日自分の部屋に戻った。3日間ずっと一緒にいて言動におかしなところがあると気づいていたので、1人にするのが心配で、私は父の家に泊まりこむことにしたのでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。